吹田市航空写真撮影業務

要約

公共測量として整備される写真地図の製品仕様書応用スキーマに基づくデータ集合

目的

固定資産調査

作成日

2011-03-31

データとリソース

追加情報

フィールド
spatial {"type": "Polygon", "coordinates": [[[135.4868078244, 34.7445992193], [135.4868078244, 34.8347973695], [135.5557976691, 34.8347973695], [135.5557976691, 34.7445992193]]]}
ステータス 完成
データ品質情報1-報告 {"DQ_Element": {"evaluationMethodDescription": "写真地図の作成区域に1モデル追加した範囲に対して、漏れている箇所はないかを評価した。", "typeOfQualityEvaluation": "002", "result": {"DQ_ConformanceResult": {"specification": {"title": "作業規程の準則", "date": {"date": "2008-04-01", "dateType": "002"}}, "explanation": "空中三角測量実施一覧図にて、作成区域を覆う撮影コースの始めと終わりに1モデル追加された範囲が満たされているかを確認し、誤りがあれば不合格とした。", "pass": "1"}, "DQ_QuantitativeResult": {"valueUnit": {"name": "count", "measurementType": "件"}, "value": {"otherValue": "0"}}}}}
データ品質情報1-系譜 {"LI_Lineage": {"statement": "作業規程の準則に従って作成された写真地図"}}
データ品質情報1-適用範囲-レベル データ集合
データ品質情報1-適用範囲-レベル記述 空中三角測量・作成範囲
データ品質情報10-報告 {"DQ_Element": {"evaluationMethodDescription": "同一ブロック内における交会残差が、作業規程の準則の第171条第11項の基準を超えていないかを評価した。", "typeOfQualityEvaluation": "007", "result": {"DQ_ConformanceResult": {"specification": {"title": "作業規程の準則", "date": {"date": "2008-04-01", "dateType": "002"}}, "explanation": "空中三角測量を行った結果から同一ブロック内における交会残差を点検し、交会残差が、パスポイント及びタイポイントともに作業規程の準則の171条第11項の基準を満たしていない場合を不合格とした。交会残差は、標準偏差0.183画素、最大値0.775画素であり、ともに、適合品質水準(標準偏差0.75画素以内、最大値1.5画素以内)を満たすことを確認した。", "pass": "1"}}}}
データ品質情報10-系譜 {"LI_Lineage": {"statement": "作業規程の準則に従って作成された写真地図"}}
データ品質情報10-適用範囲-レベル データ集合
データ品質情報10-適用範囲-レベル記述 空中三角測量・交会残差
データ品質情報11-報告 {"DQ_Element": {"evaluationMethodDescription": "隣接ブロック間におけるタイポイント較差について、作業規程の準則の第171条第12項の基準を超えていないかを評価した。", "typeOfQualityEvaluation": "007", "result": {"DQ_ConformanceResult": {"specification": {"title": "作業規程の準則", "date": {"date": "2008-04-01", "dateType": "002"}}, "explanation": "空中三角測量を行った結果から隣接ブロック間における基準点残差を点検し、残差が作業規程の準則の171条第12項の基準を満たしていない場合を不合格とした。隣接ブロック間における基準点残差は、最大値0.284mであり、適合品質水準(最大値0.469m以内)を満たすことを確認した。", "pass": "1"}}}}
データ品質情報11-系譜 {"LI_Lineage": {"statement": "作業規程の準則に従って作成された写真地図"}}
データ品質情報11-適用範囲-レベル データ集合
データ品質情報11-適用範囲-レベル記述 空中三角測量・タイポイント較差
データ品質情報12-報告 {"DQ_Element": {"evaluationMethodDescription": "数値地形モデルの格子間隔が、作業規程の準則第253条第2項の規程どおりかを評価した。", "typeOfQualityEvaluation": "009", "result": {"DQ_ConformanceResult": {"specification": {"title": "作業規程の準則", "date": {"date": "2008-04-01", "dateType": "002"}}, "explanation": "数値地形データファイルのグリッドヘッダレコードのグリッドセルサイズの値を点検し、グリッドセルサイズが、作業規程の準則第253条第2項を満たしていない場合を不合格とした。グリッドサイズは10.000mであり基準を満たすことを確認した。", "pass": "1"}}}}
データ品質情報12-系譜 {"LI_Lineage": {"statement": "作業規程の準則に従って作成された写真地図"}}
データ品質情報12-適用範囲-レベル データ集合
データ品質情報12-適用範囲-レベル記述 数値地形モデル・格子間隔
データ品質情報13-報告 {"DQ_Element": {"evaluationMethodDescription": "数値地形モデルの標高点の精度が、作業規程の準則第253条第2項の基準を超えていないかを評価した。", "typeOfQualityEvaluation": "009", "result": {"DQ_ConformanceResult": {"specification": {"title": "作業規程の準則", "date": {"date": "2008-04-01", "dateType": "002"}}, "explanation": "数値地形モデル全体に対して格子点を20点無作為に抽出し、抽出した各点を図化機により計測し残差を求める。抽出した21点について残差の標準偏差を求め、作業規程の準則第253条第2項の基準を満たしていない場合を不合格とした。", "pass": "1"}, "DQ_QuantitativeResult": {"valueUnit": {"name": "meter", "measurementType": "測定値から求めた誤差(標準偏差)"}, "value": {"otherValue": "0.223"}}}}}
データ品質情報13-系譜 {"LI_Lineage": {"statement": "作業規程の準則に従って作成された写真地図"}}
データ品質情報13-適用範囲-レベル データ集合
データ品質情報13-適用範囲-レベル記述 数値地形モデル・格子標高
データ品質情報14-報告 {"DQ_Element": {"evaluationMethodDescription": "数値地形モデルおけるブレークラインが、作業規程の準則第259条第5項に規定される箇所で取得されているかを評価した。", "typeOfQualityEvaluation": "009", "result": {"DQ_ConformanceResult": {"specification": {"title": "作業規程の準則", "date": {"date": "2008-04-01", "dateType": "002"}}, "explanation": "高架、橋梁等の標高急変箇所(作業規程の準則第259条第5項に規定される箇所)に、ブレークラインが取得されているかを、目視で写真地図上の局所歪みの有無により確認し、取得されていない箇所があれば不合格とした。", "pass": "1"}, "DQ_QuantitativeResult": {"valueUnit": {"name": "count", "measurementType": "件"}, "value": {"otherValue": "0"}}}}}
データ品質情報14-系譜 {"LI_Lineage": {"statement": "作業規程の準則に従って作成された写真地図"}}
データ品質情報14-適用範囲-レベル データ集合
データ品質情報14-適用範囲-レベル記述 数値地形モデル・ブレークライン
データ品質情報15-報告 {"DQ_Element": {"evaluationMethodDescription": "既存の数値地形モデルを使用する場合、数値地形モデルと空中写真の立体モデルとの違いはないかを評価する。1ha以上の地形の経年変化箇所の件数を集計する。", "typeOfQualityEvaluation": "002", "result": {"DQ_ConformanceResult": {"specification": {"title": "作業規程の準則", "date": {"date": "2008-04-01", "dateType": "002"}}, "explanation": "数値地形モデルを空中写真の立体モデル上でステレオ表示し、目視で標高値のずれがないかを確認し1haを超える範囲でずれがあれば不合格とした。", "pass": "1"}, "DQ_QuantitativeResult": {"valueUnit": {"name": "count", "measurementType": "件"}, "value": {"otherValue": "0"}}}}}
データ品質情報15-系譜 {"LI_Lineage": {"statement": "作業規程の準則に従って作成された写真地図"}}
データ品質情報15-適用範囲-レベル データ集合
データ品質情報15-適用範囲-レベル記述 数値地形モデル・経年変化(既存数値地形モデル)
データ品質情報16-報告 {"DQ_Element": {"evaluationMethodDescription": "正射画像間の幾何学的なずれの量(写真間接合)を評価。モザイク箇所で、地物が明瞭な地点での地物の較差が2画素以内であることを確認し、誤率で評価した。", "typeOfQualityEvaluation": "009", "result": {"DQ_ConformanceResult": {"specification": {"title": "作業規程の準則", "date": {"date": "2008-04-01", "dateType": "002"}}, "explanation": "写真地図単位で20枚を抜取検査した。目視で接合線(モザイクライン)を走査し、高層建築物、巨大建物や樹木などを除く明瞭な地物での位置のズレが2画素を越える箇所があるかを確認し、誤率5%以内を合格とした。", "pass": "1"}, "DQ_QuantitativeResult": {"valueUnit": {"name": "percent", "measurementType": "誤率"}, "value": {"otherValue": "0"}}}}}
データ品質情報16-系譜 {"LI_Lineage": {"statement": "作業規程の準則に従って作成された写真地図"}}
データ品質情報16-適用範囲-レベル データ集合
データ品質情報16-適用範囲-レベル記述 写真地図・写真間接合(可能箇所)
データ品質情報17-報告 {"DQ_Element": {"evaluationMethodDescription": "幾何学的な接合がとれない箇所を確認した。高層建築物、巨大建物や樹木などが接合線にある写真枚数を集計した。", "typeOfQualityEvaluation": "009", "result": {"DQ_ConformanceResult": {"specification": {"title": "作業規程の準則", "date": {"date": "2008-04-01", "dateType": "002"}}, "explanation": "集計件数によらず合格とし、品質参考値として集計件数を報告した。", "pass": "1"}, "DQ_QuantitativeResult": {"valueUnit": {"name": "count", "measurementType": "件数"}, "value": {"otherValue": "0"}}}}}
データ品質情報17-系譜 {"LI_Lineage": {"statement": "作業規程の準則に従って作成された写真地図"}}
データ品質情報17-適用範囲-レベル データ集合
データ品質情報17-適用範囲-レベル記述 写真地図・写真間接合(不能箇所)
データ品質情報18-報告 {"DQ_Element": {"evaluationMethodDescription": "数値写真の地上画素寸法が作業規程の準則第253条第2項の基準を超えているものはないかを検査し、誤率で評価した。", "typeOfQualityEvaluation": "014", "result": {"DQ_ConformanceResult": {"specification": {"title": "作業規程の準則", "date": {"date": "2008-04-01", "dateType": "002"}}, "explanation": "全数検査を実施。撮影高度(撮影基準面からの高度)と焦点距離と撮像素子寸法から地上画素寸法を求め、作業規程の準則第253条第2項の基準を満たすかを検査し、誤率0%を合格とした。", "pass": "1"}, "DQ_QuantitativeResult": {"valueUnit": {"name": "percent", "measurementType": "誤率"}, "value": {"otherValue": "0"}}}}}
データ品質情報18-系譜 {"LI_Lineage": {"statement": "作業規程の準則に従って作成された写真地図"}}
データ品質情報18-適用範囲-レベル データ集合
データ品質情報18-適用範囲-レベル記述 数値写真・地上画素寸法
データ品質情報19-報告 {"DQ_Element": {"evaluationMethodDescription": "写真地図の地上画素寸法が作業規程の準則第253条第2項の基準を超えているものはないかを検査し、誤率で評価した。", "typeOfQualityEvaluation": "014", "result": {"DQ_ConformanceResult": {"specification": {"title": "作業規程の準則", "date": {"date": "2008-04-01", "dateType": "002"}}, "explanation": "全数検査を実施。写真地図データファイルの範囲(X軸、Y軸の実距離)と写真地図データファイルの画素数(ファイルのプロパティ情報で確認)から地上画素寸法を求め、作業規程の準則第253条第2項の基準を満たすかを検査し、誤率0%を合格とした。", "pass": "1"}, "DQ_QuantitativeResult": {"valueUnit": {"name": "percent", "measurementType": "誤率"}, "value": {"otherValue": "0"}}}}}
データ品質情報19-系譜 {"LI_Lineage": {"statement": "作業規程の準則に従って作成された写真地図"}}
データ品質情報19-適用範囲-レベル データ集合
データ品質情報19-適用範囲-レベル記述 写真地図・地上画素寸法
データ品質情報2-報告 {"DQ_Element": {"evaluationMethodDescription": "写真地図の作成区域に対して1格子広い範囲で、漏れている箇所はないかを評価した。", "typeOfQualityEvaluation": "002", "result": {"DQ_ConformanceResult": {"specification": {"title": "作業規程の準則", "date": {"date": "2008-04-01", "dateType": "002"}}, "explanation": "作成区域を示す界線に数値地形モデル(格子)を重ねて表示し、作成区域に対して1格子広い範囲で、標高に漏れがないかを確認し、誤りがあれば不合格とした。", "pass": "1"}, "DQ_QuantitativeResult": {"valueUnit": {"name": "count", "measurementType": "件"}, "value": {"otherValue": "0"}}}}}
データ品質情報2-系譜 {"LI_Lineage": {"statement": "作業規程の準則に従って作成された写真地図"}}
データ品質情報2-適用範囲-レベル データ集合
データ品質情報2-適用範囲-レベル記述 数値地形モデル・作成範囲
データ品質情報20-報告 {"DQ_Element": {"evaluationMethodDescription": "写真地図に使用された正射画像の範囲を評価。写真地図に利用されている正射画像の内、面積比で8割以上が写真中心部(広角レンズのカメラ(※)に換算して主点位置から撮影方向±17度以内、直交方向±28度以内に相当する評価範囲内)であることを確認し、誤率で評価した。", "typeOfQualityEvaluation": "009", "result": {"DQ_ConformanceResult": {"specification": {"title": "作業規程の準則", "date": {"date": "2008-04-01", "dateType": "002"}}, "explanation": "写真地図上にモザイク線、主点位置、評価範囲線を描画する。このとき、評価範囲線は、オーバーラップ率・サイドラップ率にかかわらず広角レンズのカメラに換算して主点位置から撮影方向±17度以内、直交方向±28度以内に相当する範囲を求めて描画する。描画したモザイク線で囲まれたそれぞれの正射画像使用範囲について、評価範囲線内に含まれる部分の面積が使用範囲の8割以上となっているか目視で確認し、8割未満の区画を不良として誤率を求め、誤率0%を合格とした。なお、接合部に高層建築物や巨大建物がある場合は、検査対象から除いた。", "pass": "1"}, "DQ_QuantitativeResult": {"valueUnit": {"name": "percent", "measurementType": "誤率"}, "value": {"otherValue": "0"}}}}}
データ品質情報20-系譜 {"LI_Lineage": {"statement": "作業規程の準則に従って作成された写真地図"}}
データ品質情報20-適用範囲-レベル データ集合
データ品質情報20-適用範囲-レベル記述 写真地図・写真地図への使用範囲
データ品質情報21-報告 {"DQ_Element": {"evaluationMethodDescription": "海水面、河川および湖沼などの陸水面を除く地物の判読を不可能とするハレーションが発生している数値写真の数量を集計した。", "typeOfQualityEvaluation": "014", "result": {"DQ_ConformanceResult": {"specification": {"title": "作業規程の準則", "date": {"date": "2008-04-01", "dateType": "002"}}, "explanation": "集計件数によらず合格とし、品質参考値として集計件数を報告した。", "pass": "1"}, "DQ_QuantitativeResult": {"valueUnit": {"name": "count", "measurementType": "写真枚数"}, "value": {"otherValue": "7"}}}}}
データ品質情報21-系譜 {"LI_Lineage": {"statement": "作業規程の準則に従って作成された写真地図"}}
データ品質情報21-適用範囲-レベル データ集合
データ品質情報21-適用範囲-レベル記述 空中写真・ハレーション
データ品質情報22-報告 {"DQ_Element": {"evaluationMethodDescription": "ハレーションの残存箇所を写真地図上で確認し、回避可能箇所を回避しているかを確認するとともに、回避不可能箇所数を集計した。", "typeOfQualityEvaluation": "014", "result": {"DQ_ConformanceResult": {"specification": {"title": "作業規程の準則", "date": {"date": "2008-04-01", "dateType": "002"}}, "explanation": "集計件数によらず合格とし、品質参考値として集計件数を報告した。", "pass": "1"}, "DQ_QuantitativeResult": {"valueUnit": {"name": "count", "measurementType": "回避できなかった件数(残存ハレーション数)"}, "value": {"otherValue": "0"}}}}}
データ品質情報22-系譜 {"LI_Lineage": {"statement": "作業規程の準則に従って作成された写真地図"}}
データ品質情報22-適用範囲-レベル データ集合
データ品質情報22-適用範囲-レベル記述 写真地図・ハレーション
データ品質情報23-報告 {"DQ_Element": {"evaluationMethodDescription": "地物の判読を不可能とする暗影が発生している数値写真の数量を集計した。", "typeOfQualityEvaluation": "014", "result": {"DQ_ConformanceResult": {"specification": {"title": "作業規程の準則", "date": {"date": "2008-04-01", "dateType": "002"}}, "explanation": "集計件数によらず合格とし、品質参考値として集計件数を報告した。", "pass": "1"}, "DQ_QuantitativeResult": {"valueUnit": {"name": "count", "measurementType": "写真枚数"}, "value": {"otherValue": "0"}}}}}
データ品質情報23-系譜 {"LI_Lineage": {"statement": "作業規程の準則に従って作成された写真地図"}}
データ品質情報23-適用範囲-レベル データ集合
データ品質情報23-適用範囲-レベル記述 空中写真・暗影
データ品質情報24-報告 {"DQ_Element": {"evaluationMethodDescription": "暗影の残存箇所を写真地図上で確認し、回避可能箇所を回避しているかを確認するとともに、回避不可能箇所数を集計した。", "typeOfQualityEvaluation": "014", "result": {"DQ_ConformanceResult": {"specification": {"title": "作業規程の準則", "date": {"date": "2008-04-01", "dateType": "002"}}, "explanation": "集計件数によらず合格とし、品質参考値として集計件数を報告した。", "pass": "1"}, "DQ_QuantitativeResult": {"valueUnit": {"name": "count", "measurementType": "回避できなかった件数"}, "value": {"otherValue": "0"}}}}}
データ品質情報24-系譜 {"LI_Lineage": {"statement": "作業規程の準則に従って作成された写真地図"}}
データ品質情報24-適用範囲-レベル データ集合
データ品質情報24-適用範囲-レベル記述 写真地図・暗影
データ品質情報25-報告 {"DQ_Element": {"evaluationMethodDescription": "シャドースポットが発生している数値写真の数量を集計した。", "typeOfQualityEvaluation": "014", "result": {"DQ_ConformanceResult": {"specification": {"title": "作業規程の準則", "date": {"date": "2008-04-01", "dateType": "002"}}, "explanation": "集計件数によらず合格とし、品質参考値として集計件数を報告した。", "pass": "1"}, "DQ_QuantitativeResult": {"valueUnit": {"name": "count", "measurementType": "写真枚数"}, "value": {"otherValue": "0"}}}}}
データ品質情報25-系譜 {"LI_Lineage": {"statement": "作業規程の準則に従って作成された写真地図"}}
データ品質情報25-適用範囲-レベル データ集合
データ品質情報25-適用範囲-レベル記述 空中写真・シャドースポット
データ品質情報26-報告 {"DQ_Element": {"evaluationMethodDescription": "シャドースポットの残存箇所を写真地図上で確認し、回避可能箇所を回避しているかを確認するとともに、回避不可能箇所数を集計した。", "typeOfQualityEvaluation": "014", "result": {"DQ_ConformanceResult": {"specification": {"title": "作業規程の準則", "date": {"date": "2008-04-01", "dateType": "002"}}, "explanation": "集計件数によらず合格とし、品質参考値として集計件数を報告した。", "pass": "1"}, "DQ_QuantitativeResult": {"valueUnit": {"name": "count", "measurementType": "回避できなかった件数"}, "value": {"otherValue": "0"}}}}}
データ品質情報26-系譜 {"LI_Lineage": {"statement": "作業規程の準則に従って作成された写真地図"}}
データ品質情報26-適用範囲-レベル データ集合
データ品質情報26-適用範囲-レベル記述 写真地図・シャドースポット
データ品質情報27-報告 {"DQ_Element": {"evaluationMethodDescription": "数値写真にぼけがないかを評価した。", "typeOfQualityEvaluation": "014", "result": {"DQ_ConformanceResult": {"specification": {"title": "作業規程の準則", "date": {"date": "2008-04-01", "dateType": "002"}}, "explanation": "全数値写真を目視にて確認し、ぼけがある写真があれば不合格とした。", "pass": "1"}, "DQ_QuantitativeResult": {"valueUnit": {"name": "count", "measurementType": "ぼけがある写真枚数"}, "value": {"otherValue": "0"}}}}}
データ品質情報27-系譜 {"LI_Lineage": {"statement": "作業規程の準則に従って作成された写真地図"}}
データ品質情報27-適用範囲-レベル データ集合
データ品質情報27-適用範囲-レベル記述 数値写真・ぼけ
データ品質情報28-報告 {"DQ_Element": {"evaluationMethodDescription": "数値写真にぶれがないかを評価した。", "typeOfQualityEvaluation": "014", "result": {"DQ_ConformanceResult": {"specification": {"title": "作業規程の準則", "date": {"date": "2008-04-01", "dateType": "002"}}, "explanation": "全数値写真を目視にて確認し、ぶれがある写真があれば不合格とした。", "pass": "1"}, "DQ_QuantitativeResult": {"valueUnit": {"name": "count", "measurementType": "ぶれがある写真枚数"}, "value": {"otherValue": "0"}}}}}
データ品質情報28-系譜 {"LI_Lineage": {"statement": "作業規程の準則に従って作成された写真地図"}}
データ品質情報28-適用範囲-レベル データ集合
データ品質情報28-適用範囲-レベル記述 数値写真・ぶれ
データ品質情報29-報告 {"DQ_Element": {"evaluationMethodDescription": "ケラレの発生を確認し評価した。", "typeOfQualityEvaluation": "014", "result": {"DQ_ConformanceResult": {"specification": {"title": "作業規程の準則", "date": {"date": "2008-04-01", "dateType": "002"}}, "explanation": "全空中写真を目視にて確認し、ケラレがある写真があれば不合格とした。", "pass": "1"}, "DQ_QuantitativeResult": {"valueUnit": {"name": "count", "measurementType": "ケラレがある写真枚数"}, "value": {"otherValue": "0"}}}}}
データ品質情報29-系譜 {"LI_Lineage": {"statement": "作業規程の準則に従って作成された写真地図"}}
データ品質情報29-適用範囲-レベル データ集合
データ品質情報29-適用範囲-レベル記述 空中写真・ケラレ
データ品質情報3-報告 {"DQ_Element": {"evaluationMethodDescription": "写真地図の作成区域の範囲で漏れている箇所はないかを評価した。", "typeOfQualityEvaluation": "002", "result": {"DQ_ConformanceResult": {"specification": {"title": "作業規程の準則", "date": {"date": "2008-04-01", "dateType": "002"}}, "explanation": "作成区域を示す界線に写真地図を重ねて表示し、作成されていない箇所がないか確認する。1画素でも欠落していれば漏れとし、誤りがあれば不合格とした。", "pass": "1"}, "DQ_QuantitativeResult": {"valueUnit": {"name": "count", "measurementType": "件"}, "value": {"otherValue": "0"}}}}}
データ品質情報3-系譜 {"LI_Lineage": {"statement": "作業規程の準則に従って作成された写真地図"}}
データ品質情報3-適用範囲-レベル データ集合
データ品質情報3-適用範囲-レベル記述 写真地図・作成範囲内
データ品質情報30-報告 {"DQ_Element": {"evaluationMethodDescription": "立体判読を不可能とする雲の混入箇所を評価した。", "typeOfQualityEvaluation": "014", "result": {"DQ_ConformanceResult": {"specification": {"title": "作業規程の準則", "date": {"date": "2008-04-01", "dateType": "002"}}, "explanation": "全数値写真を目視にて確認した。雲がある写真を抽出し、立体判読が不可能とする雲がないか確認し、1箇所でもあれば不合格とした。", "pass": "1"}, "DQ_QuantitativeResult": {"valueUnit": {"name": "count", "measurementType": "雲がある写真枚数"}, "value": {"otherValue": "0"}}}}}
データ品質情報30-系譜 {"LI_Lineage": {"statement": "作業規程の準則に従って作成された写真地図"}}
データ品質情報30-適用範囲-レベル データ集合
データ品質情報30-適用範囲-レベル記述 空中写真・雲
データ品質情報31-報告 {"DQ_Element": {"evaluationMethodDescription": "地物の判読を不可能とする雲がないことを評価した。", "typeOfQualityEvaluation": "014", "result": {"DQ_ConformanceResult": {"specification": {"title": "作業規程の準則", "date": {"date": "2008-04-01", "dateType": "002"}}, "explanation": "全写真地図を目視にて確認した。地物判読を不可能とする雲がないか確認し、1箇所でもあれば不合格とした。", "pass": "1"}, "DQ_QuantitativeResult": {"valueUnit": {"name": "count", "measurementType": "0"}, "value": {"otherValue": "0"}}}}}
データ品質情報31-系譜 {"LI_Lineage": {"statement": "作業規程の準則に従って作成された写真地図"}}
データ品質情報31-適用範囲-レベル データ集合
データ品質情報31-適用範囲-レベル記述 写真地図・雲
データ品質情報32-報告 {"DQ_Element": {"evaluationMethodDescription": "雲影がある写真を抽出し、地物判読を不可能とする雲影の個数を集計した。", "typeOfQualityEvaluation": "014", "result": {"DQ_ConformanceResult": {"specification": {"title": "作業規程の準則", "date": {"date": "2008-04-01", "dateType": "002"}}, "explanation": "集計件数によらず合格とし、品質参考値として集計件数を報告した。", "pass": "1"}, "DQ_QuantitativeResult": {"valueUnit": {"name": "count", "measurementType": "箇所数"}, "value": {"otherValue": "0"}}}}}
データ品質情報32-系譜 {"LI_Lineage": {"statement": "作業規程の準則に従って作成された写真地図"}}
データ品質情報32-適用範囲-レベル データ集合
データ品質情報32-適用範囲-レベル記述 空中写真・雲影
データ品質情報33-報告 {"DQ_Element": {"evaluationMethodDescription": "写真地図上で地物判読を不可能とする雲影の個数を集計した。", "typeOfQualityEvaluation": "014", "result": {"DQ_ConformanceResult": {"specification": {"title": "作業規程の準則", "date": {"date": "2008-04-01", "dateType": "002"}}, "explanation": "集計件数によらず合格とし、品質参考値として集計件数を報告した。", "pass": "1"}, "DQ_QuantitativeResult": {"valueUnit": {"name": "count", "measurementType": "箇所数"}, "value": {"otherValue": "0"}}}}}
データ品質情報33-系譜 {"LI_Lineage": {"statement": "作業規程の準則に従って作成された写真地図"}}
データ品質情報33-適用範囲-レベル データ集合
データ品質情報33-適用範囲-レベル記述 写真地図・雲影
データ品質情報34-報告 {"DQ_Element": {"evaluationMethodDescription": "煙がある写真を抽出し、地物判読を不可能とする煙の個数を集計した。", "typeOfQualityEvaluation": "014", "result": {"DQ_ConformanceResult": {"specification": {"title": "作業規程の準則", "date": {"date": "2008-04-01", "dateType": "002"}}, "explanation": "集計件数によらず合格とし、品質参考値として集計件数を報告した。", "pass": "1"}, "DQ_QuantitativeResult": {"valueUnit": {"name": "count", "measurementType": "箇所数"}, "value": {"otherValue": "0"}}}}}
データ品質情報34-系譜 {"LI_Lineage": {"statement": "作業規程の準則に従って作成された写真地図"}}
データ品質情報34-適用範囲-レベル データ集合
データ品質情報34-適用範囲-レベル記述 空中写真・煙
データ品質情報35-報告 {"DQ_Element": {"evaluationMethodDescription": "写真地図上で地物判読を不可能とする煙の個数を集計した。", "typeOfQualityEvaluation": "014", "result": {"DQ_ConformanceResult": {"specification": {"title": "作業規程の準則", "date": {"date": "2008-04-01", "dateType": "002"}}, "explanation": "集計件数によらず合格とし、品質参考値として集計件数を報告した。", "pass": "1"}, "DQ_QuantitativeResult": {"valueUnit": {"name": "count", "measurementType": "箇所数"}, "value": {"otherValue": "0"}}}}}
データ品質情報35-系譜 {"LI_Lineage": {"statement": "作業規程の準則に従って作成された写真地図"}}
データ品質情報35-適用範囲-レベル データ集合
データ品質情報35-適用範囲-レベル記述 写真地図・煙
データ品質情報36-報告 {"DQ_Element": {"evaluationMethodDescription": "立体判読を不可能とする霧の混入箇所を評価した。", "typeOfQualityEvaluation": "014", "result": {"DQ_ConformanceResult": {"specification": {"title": "作業規程の準則", "date": {"date": "2008-04-01", "dateType": "002"}}, "explanation": "全数値写真を目視にて確認した。霧がある写真を抽出し、立体判読が不可能とする霧がないか確認し、1箇所でもあれば不合格とした。", "pass": "1"}, "DQ_QuantitativeResult": {"valueUnit": {"name": "count", "measurementType": "霧がある写真枚数"}, "value": {"otherValue": "0"}}}}}
データ品質情報36-系譜 {"LI_Lineage": {"statement": "作業規程の準則に従って作成された写真地図"}}
データ品質情報36-適用範囲-レベル データ集合
データ品質情報36-適用範囲-レベル記述 空中写真・霧
データ品質情報37-報告 {"DQ_Element": {"evaluationMethodDescription": "地物の判読を不可能とする霧がないことを評価した。", "typeOfQualityEvaluation": "014", "result": {"DQ_ConformanceResult": {"specification": {"title": "作業規程の準則", "date": {"date": "2008-04-01", "dateType": "002"}}, "explanation": "全写真地図を目視にて確認した。地物判読を不可能とする霧がないか確認し、1箇所でもあれば不合格とした。", "pass": "1"}, "DQ_QuantitativeResult": {"valueUnit": {"name": "count", "measurementType": "霧がある写真枚数"}, "value": {"otherValue": "0"}}}}}
データ品質情報37-系譜 {"LI_Lineage": {"statement": "作業規程の準則に従って作成された写真地図"}}
データ品質情報37-適用範囲-レベル データ集合
データ品質情報37-適用範囲-レベル記述 写真地図・霧
データ品質情報38-報告 {"DQ_Element": {"evaluationMethodDescription": "立体判読を不可能とする雪の混入箇所を評価した。", "typeOfQualityEvaluation": "014", "result": {"DQ_ConformanceResult": {"specification": {"title": "作業規程の準則", "date": {"date": "2008-04-01", "dateType": "002"}}, "explanation": "全数値写真を目視にて確認した。雪がある写真を抽出し、立体判読が不可能とする雪がないか確認し、1箇所でもあれば不合格とした。", "pass": "1"}, "DQ_QuantitativeResult": {"valueUnit": {"name": "count", "measurementType": "雪がある写真枚数"}, "value": {"otherValue": "0"}}}}}
データ品質情報38-系譜 {"LI_Lineage": {"statement": "作業規程の準則に従って作成された写真地図"}}
データ品質情報38-適用範囲-レベル データ集合
データ品質情報38-適用範囲-レベル記述 空中写真・雪
データ品質情報39-報告 {"DQ_Element": {"evaluationMethodDescription": "地物の判読を不可能とする雪がないことを評価した。", "typeOfQualityEvaluation": "014", "result": {"DQ_ConformanceResult": {"specification": {"title": "作業規程の準則", "date": {"date": "2008-04-01", "dateType": "002"}}, "explanation": "全写真地図を目視にて確認した。地物判読を不可能とする雪がないか確認し、1箇所でもあれば不合格とした。", "pass": "1"}, "DQ_QuantitativeResult": {"valueUnit": {"name": "count", "measurementType": "雪がある写真枚数"}, "value": {"otherValue": "0"}}}}}
データ品質情報39-系譜 {"LI_Lineage": {"statement": "作業規程の準則に従って作成された写真地図"}}
データ品質情報39-適用範囲-レベル データ集合
データ品質情報39-適用範囲-レベル記述 写真地図・雪
データ品質情報4-報告 {"DQ_Element": {"evaluationMethodDescription": "写真地図の作成区域の外まで作成されている箇所はないかを評価した。", "typeOfQualityEvaluation": "001", "result": {"DQ_ConformanceResult": {"specification": {"title": "作業規程の準則", "date": {"date": "2008-04-01", "dateType": "002"}}, "explanation": "数値地形モデルの作成区域と写真地図を重ねて表示し、数値地形モデルの作成区域より外の範囲まで写真地図が作成されていないかを確認する。1画素でも作成されていれば過剰とし、誤りがあれば不合格とした。", "pass": "1"}, "DQ_QuantitativeResult": {"valueUnit": {"name": "count", "measurementType": "件"}, "value": {"otherValue": "0"}}}}}
データ品質情報4-系譜 {"LI_Lineage": {"statement": "作業規程の準則に従って作成された写真地図"}}
データ品質情報4-適用範囲-レベル データ集合
データ品質情報4-適用範囲-レベル記述 写真地図・作成範囲外
データ品質情報40-報告 {"DQ_Element": {"evaluationMethodDescription": "立体判読を不可能とする冠水の混入箇所を評価した。", "typeOfQualityEvaluation": "014", "result": {"DQ_ConformanceResult": {"specification": {"title": "作業規程の準則", "date": {"date": "2008-04-01", "dateType": "002"}}, "explanation": "全数値写真を目視にて確認した。冠水がある写真を抽出し、立体判読が不可能とする冠水がないか確認し、1箇所でもあれば不合格とした。", "pass": "1"}, "DQ_QuantitativeResult": {"valueUnit": {"name": "count", "measurementType": "冠水がある写真枚数"}, "value": {"otherValue": "0"}}}}}
データ品質情報40-系譜 {"LI_Lineage": {"statement": "作業規程の準則に従って作成された写真地図"}}
データ品質情報40-適用範囲-レベル データ集合
データ品質情報40-適用範囲-レベル記述 空中写真・冠水
データ品質情報41-報告 {"DQ_Element": {"evaluationMethodDescription": "地物の判読を不可能とする冠水がないことを評価した。", "typeOfQualityEvaluation": "014", "result": {"DQ_ConformanceResult": {"specification": {"title": "作業規程の準則", "date": {"date": "2008-04-01", "dateType": "002"}}, "explanation": "全写真地図を目視にて確認した。地物判読を不可能とする冠水がないか確認し、1箇所でもあれば不合格とした。", "pass": "1"}, "DQ_QuantitativeResult": {"valueUnit": {"name": "count", "measurementType": "冠水がある写真枚数"}, "value": {"otherValue": "0"}}}}}
データ品質情報41-系譜 {"LI_Lineage": {"statement": "作業規程の準則に従って作成された写真地図"}}
データ品質情報41-適用範囲-レベル データ集合
データ品質情報41-適用範囲-レベル記述 写真地図・冠水
データ品質情報42-報告 {"DQ_Element": {"evaluationMethodDescription": "数値写真と写真地図の同一箇所(接合部)における色調の変化度合いの較差を評価。写真地図において接合部で色調が急激に変化する箇所の色表示値の較差と、数値写真上の同一地点における色表示値との較差が30以内であることを確認し、誤率で評価した。", "typeOfQualityEvaluation": "014", "result": {"DQ_ConformanceResult": {"specification": {"title": "作業規程の準則", "date": {"date": "2008-04-01", "dateType": "002"}}, "explanation": "写真地図単位で20枚を抜取検査。写真地図単位に目視で接合線に沿って、経時変化(撮影日が異なる写真の接合部や、耕作の状況が異なる接合部など)を除く色調の急変箇所における、色表示値の較差(接合部をまたぐ画素間におけるRGB各要素のビット値の較差)のうち最大値を確認。このとき色表示値の確認は、画像処理ソフトウエア等で個別の画素のビット値を表示して確認する。次に数値写真の同一箇所での較差を求め、写真地図上の色表示値の較差と、数値写真の同一箇所での較差との「較差の較差」が30以内であるかを確認する。較差の較差が30を超える箇所がある写真地図数を集計し、誤率5%以内を合格とした。", "pass": "1"}, "DQ_QuantitativeResult": {"valueUnit": {"name": "percent", "measurementType": "誤率"}, "value": {"otherValue": "0"}}}}}
データ品質情報42-系譜 {"LI_Lineage": {"statement": "作業規程の準則に従って作成された写真地図"}}
データ品質情報42-適用範囲-レベル データ集合
データ品質情報42-適用範囲-レベル記述 写真地図・写真間接合(急変箇所)
データ品質情報43-報告 {"DQ_Element": {"evaluationMethodDescription": "正射画像間の接合部において、同一色調の地物で接合線位置とフェザリングの両端との画素の色表示値の変化度合いが線形であることを確認し、誤率で評価した。", "typeOfQualityEvaluation": "014", "result": {"DQ_ConformanceResult": {"specification": {"title": "作業規程の準則", "date": {"date": "2008-04-01", "dateType": "002"}}, "explanation": "写真地図単位で20枚を抜き取り、隣接図郭との接合部でフェザリング処理を実施した箇所をすべて検査。写真地図単位に目視で接合線に沿って走査し、経時変化(撮影日が異なる写真の接合部や、耕作の状況が異なる接合部など)を除く同一色調の地物を抽出・確認し、接合線位置とフェザリングの両端との画素の色表示値の変化度合いが線形になっているかを確認する。このとき色表示値の確認は、画像処理ソフトウエア等で個別の画素のビット値を表示して確認した(線形とは、フェザリング両端間の画素深度値が直線的に推移していることを指す。接合線付近の画素深度が、フェザリング両端の画素深度値のほぼ中間値であれば線形になっているとみなす)。誤りのある写真枚数を集計し、誤率5%以内を合格とした。", "pass": "1"}, "DQ_QuantitativeResult": {"valueUnit": {"name": "percent", "measurementType": "誤率"}, "value": {"otherValue": "0"}}}}}
データ品質情報43-系譜 {"LI_Lineage": {"statement": "作業規程の準則に従って作成された写真地図"}}
データ品質情報43-適用範囲-レベル データ集合
データ品質情報43-適用範囲-レベル記述 写真地図・写真間接合(フェザリング箇所)
データ品質情報44-報告 {"DQ_Element": {"evaluationMethodDescription": "正射画像間の接合部において、同一色調の地物で接合線をまたぐ画素間の色表示値の最大較差が30以内であることを確認し、誤率で評価した。", "typeOfQualityEvaluation": "014", "result": {"DQ_ConformanceResult": {"specification": {"title": "作業規程の準則", "date": {"date": "2008-04-01", "dateType": "002"}}, "explanation": "写真地図単位で20枚を抜き取り、隣接図郭との接合部において、同一色調の地物で接合線をまたぐ箇所をすべて検査。写真地図単位に目視で接合線に沿って走査し、経時変化(撮影日が異なる写真の接合部や、耕作の状況が異なる接合部など)を除く色調の平滑箇所における色表示値の較差(接合をまたぐ画素間におけるRGB各要素のビット値の較差)のうち最大値を確認する。このとき色表示値の確認は、画像処理ソフトウエア等で個別の画素のビット値を表示して確認。この較差が30を超える写真地図数を誤りとし、誤率5%以内を合格とした。", "pass": "1"}, "DQ_QuantitativeResult": {"valueUnit": {"name": "percent", "measurementType": "誤率"}, "value": {"otherValue": "0"}}}}}
データ品質情報44-系譜 {"LI_Lineage": {"statement": "作業規程の準則に従って作成された写真地図"}}
データ品質情報44-適用範囲-レベル データ集合
データ品質情報44-適用範囲-レベル記述 写真地図・写真間接合(平滑箇所)
データ品質情報45-報告 {"DQ_Element": {"evaluationMethodDescription": "白飛びや黒つぶれした画素がないか評価。写真地図上の白飛びや黒つぶれした画素が、いずれも、それぞれ全画素数の0.2%未満であることを確認し、誤率で評価した。", "typeOfQualityEvaluation": "014", "result": {"DQ_ConformanceResult": {"specification": {"title": "作業規程の準則", "date": {"date": "2008-04-01", "dateType": "002"}}, "explanation": "写真地図単位で20枚を抜き取り検査。写真地図単位に写真地図を構成する画素の色深度数値のヒストグラムをみて、白飛び(255)及び黒つぶれ(0)が発生している場合、その画素数をそれぞれ求める。白飛び及び黒つぶれの各画素数のいずれかが全画素数の0.2%以上ある写真地図数集計し、誤率を求め、誤率5%以内を合格とした。", "pass": "1"}, "DQ_QuantitativeResult": {"valueUnit": {"name": "percent", "measurementType": "誤率"}, "value": {"otherValue": "0"}}}}}
データ品質情報45-系譜 {"LI_Lineage": {"statement": "作業規程の準則に従って作成された写真地図"}}
データ品質情報45-適用範囲-レベル データ集合
データ品質情報45-適用範囲-レベル記述 写真地図・白飛びと黒つぶれ
データ品質情報46-報告 {"DQ_Element": {"evaluationMethodDescription": "空中写真の色深度が、写真地図作成に関する特記仕様書(製品仕様書)で指定された色深度であること(例えば家を家として認識できるか、というレベル)を評価した。", "typeOfQualityEvaluation": "014", "result": {"DQ_ConformanceResult": {"specification": {"title": "作業規程の準則", "date": {"date": "2008-04-01", "dateType": "002"}}, "explanation": "空中写真の色深度を確認し、地物判読が可能であるか(例えば家を家として認識できるか、というレベル)確認した。地物判読が不可能な分光特性(色深度)であれば不合格とした。", "pass": "1"}, "DQ_QuantitativeResult": {"valueUnit": {"name": "count", "measurementType": "地物判読が不可能な分光特性の写真枚数"}, "value": {"otherValue": "0"}}}}}
データ品質情報46-系譜 {"LI_Lineage": {"statement": "作業規程の準則に従って作成された写真地図"}}
データ品質情報46-適用範囲-レベル データ集合
データ品質情報46-適用範囲-レベル記述 空中写真・地物の識別(識別)
データ品質情報47-報告 {"DQ_Element": {"evaluationMethodDescription": "空中写真のヒストグラム、分布が標準的なパターンであることを確認し、誤率で評価した。", "typeOfQualityEvaluation": "014", "result": {"DQ_ConformanceResult": {"specification": {"title": "作業規程の準則", "date": {"date": "2008-04-01", "dateType": "002"}}, "explanation": "空中写真単位で20枚を抜き取り、空中写真単位に検査した。空中写真のヒストグラムの分布が標準的なパターンであるか評価を行う。標準的なパターンとは、写されている景況によって異なるが、例えば、都市では明るく、森林では暗く、森林と都市が含まれるとふたつの山ができる。このようなパターンがあることを踏まえ、例えば都市部では明るい方に山がある正規分布に近い分布をしていて、偏り過ぎていず、飽和しているものも少ないかを判断して評価した。誤率5%以内を合格とした。", "pass": "1"}, "DQ_QuantitativeResult": {"valueUnit": {"name": "percent", "measurementType": "誤率"}, "value": {"otherValue": "0"}}}}}
データ品質情報47-系譜 {"LI_Lineage": {"statement": "作業規程の準則に従って作成された写真地図"}}
データ品質情報47-適用範囲-レベル データ集合
データ品質情報47-適用範囲-レベル記述 空中写真・色の濃淡(濃度)
データ品質情報48-報告 {"DQ_Element": {"evaluationMethodDescription": "写真地図作成に関する特記仕様書(製品仕様書)で指定された色深度であり、空中写真と比較して極端に劣化していないことを評価した。", "typeOfQualityEvaluation": "014", "result": {"DQ_ConformanceResult": {"specification": {"title": "作業規程の準則", "date": {"date": "2008-04-01", "dateType": "002"}}, "explanation": "写真地図の色深度を確認し、地物の判読が可能であるか確認するとともに、空中写真と比較して極端に劣化していないか確認した。地物判読を不可能な分光特性(色深度)であれば不合格とした。", "pass": "1"}, "DQ_QuantitativeResult": {"valueUnit": {"name": "count", "measurementType": "地物判読が不可能な分光特性の写真枚数"}, "value": {"otherValue": "0"}}}}}
データ品質情報48-系譜 {"LI_Lineage": {"statement": "作業規程の準則に従って作成された写真地図"}}
データ品質情報48-適用範囲-レベル データ集合
データ品質情報48-適用範囲-レベル記述 写真地図・識別と濃淡
データ品質情報5-報告 {"DQ_Element": {"evaluationMethodDescription": "測地座標系を扱えるGIS等のソフトウエアで開けないファイルは無いかを評価した。", "typeOfQualityEvaluation": "005", "result": {"DQ_ConformanceResult": {"specification": {"title": "作業規程の準則", "date": {"date": "2008-04-01", "dateType": "002"}}, "explanation": "全数検査を実施。測地座標系を扱えるGIS等のソフトウエアを用いて、測地座標系の適切な位置に正しい色調及びビット深度で写真地図が表示されるかを検査し、適切に表示されない写真地図の内、その原因がファイルフォーマットに起因するものを不良とした。誤りがあれば不合格とした。", "pass": "1"}, "DQ_QuantitativeResult": {"valueUnit": {"name": "percent", "measurementType": "誤率"}, "value": {"otherValue": "0"}}}}}
データ品質情報5-系譜 {"LI_Lineage": {"statement": "作業規程の準則に従って作成された写真地図"}}
データ品質情報5-適用範囲-レベル データ集合
データ品質情報5-適用範囲-レベル記述 写真地図・フォーマット
データ品質情報6-報告 {"DQ_Element": {"evaluationMethodDescription": "空中写真は契約期間内に撮影されたものであるかを評価した。", "typeOfQualityEvaluation": "010", "result": {"DQ_ConformanceResult": {"specification": {"title": "作業規程の準則", "date": {"date": "2008-04-01", "dateType": "002"}}, "explanation": "撮影記録の撮影年月を確認し、契約期間外に撮影されていれば不合格とした。", "pass": "1"}, "DQ_QuantitativeResult": {"valueUnit": {"name": "percent", "measurementType": "誤率"}, "value": {"otherValue": "0"}}}}}
データ品質情報6-系譜 {"LI_Lineage": {"statement": "作業規程の準則に従って作成された写真地図"}}
データ品質情報6-適用範囲-レベル データ集合
データ品質情報6-適用範囲-レベル記述 空中写真・作成年月
データ品質情報7-報告 {"DQ_Element": {"evaluationMethodDescription": "数値地形モデルは契約期間内に撮影された空中写真を使用しているかを評価した。", "typeOfQualityEvaluation": "010", "result": {"DQ_ConformanceResult": {"specification": {"title": "作業規程の準則", "date": {"date": "2008-04-01", "dateType": "002"}}, "explanation": "数値地形モデルを作成するのに使用した空中写真の撮影年月を確認し、契約期間以外に撮影された空中写真を使用していれば不合格とした。", "pass": "1"}, "DQ_QuantitativeResult": {"valueUnit": {"name": "percent", "measurementType": "誤率"}, "value": {"otherValue": "0"}}}}}
データ品質情報7-系譜 {"LI_Lineage": {"statement": "作業規程の準則に従って作成された写真地図"}}
データ品質情報7-適用範囲-レベル データ集合
データ品質情報7-適用範囲-レベル記述 数値地形モデル・作成年月
データ品質情報8-報告 {"DQ_Element": {"evaluationMethodDescription": "基準点1点を用いた空中三角測量結果を使用して、その他の基準点の水平位置・標高精度をそれぞれ点検し、点検結果が作業規程の準則第171条第6項の基準を超えていないかを評価した。", "typeOfQualityEvaluation": "007", "result": {"DQ_ConformanceResult": {"specification": {"title": "作業規程の準則", "date": {"date": "2008-04-01", "dateType": "002"}}, "explanation": "基準点1点を用いた空中三角測量結果を使用して、その他の基準点の水平位置・標高精度をそれぞれ点検し、点検結果が作業規程の準則第171条第6項の基準を満たしていない場合を不合格とした。基準点の精度は、水平位置での標準偏差が0.072m、標高の標準偏差が0.176mであり、0.660m以内であることを確認した。", "pass": "1"}}}}
データ品質情報8-系譜 {"LI_Lineage": {"statement": "作業規程の準則に従って作成された写真地図"}}
データ品質情報8-適用範囲-レベル データ集合
データ品質情報8-適用範囲-レベル記述 空中三角測量・基準点精度
データ品質情報9-報告 {"DQ_Element": {"evaluationMethodDescription": "同一ブロック内における基準点残差が、作業規程の準則第171条第10項の基準を超えていないかを評価した。", "typeOfQualityEvaluation": "007", "result": {"DQ_ConformanceResult": {"specification": {"title": "作業規程の準則", "date": {"date": "2008-04-01", "dateType": "002"}}, "explanation": "空中三角測量を行った結果から同一ブロック内における基準点残差を点検し、基準点残差は、水平位置及び標高ともに最大値が作業規程の準則の第171条10項の基準を満たしていない場合を不合格とした。基準点残差は水平位置で標準偏差0.043m、最大値0.063m、標高で標準偏差0.036m、最大値0.073mであり、ともに、適合品質水準(水平位置、標高ともに最大0.156m以内)を満たすことを確認した。", "pass": "1"}}}}
データ品質情報9-系譜 {"LI_Lineage": {"statement": "作業規程の準則に従って作成された写真地図"}}
データ品質情報9-適用範囲-レベル データ集合
データ品質情報9-適用範囲-レベル記述 空中三角測量・基準点残差
ファイル識別子 H22F0300
メタデータ規格 JMP2.0
主題分類 境界
参照系情報 {"MD_ReferenceSystem": {"referenceSystemIdentifier": {"code": "JGD2000 / 6(X,Y)"}}}
問合せ先1 {"organisationName": "吹田市", "contactInfo": {"address": {"country": "jpn"}}, "role": "006"}
問合せ先(責任者) {"organisationName": "吹田市", "contactInfo": {"phone": {"voice": "06-6384-1246"}, "address": {"deliveryPoint": "泉町1-3-40", "city": "吹田市", "administrativeArea": "大阪府", "postalCode": "564-8550", "country": "jpn"}, "hoursOfService": "問い合わせ対応時間は、9:00~17:30"}, "role": "002"}
文字集合 shiftJIS
日付 2011-03-31
空間表現型 グリッド
空間解像度 {"distance": {"value": "0.1", "uom": {"UnitOfMeasure": {"name": "meter", "measurementType": "長さ"}}}}
言語 日本語
記述的キーワード [{"keyword": "空中写真、写真地図", "type": "005"}, {"keyword": "吹田市役所", "type": "002"}]
識別情報-文字集合 shiftJIS
識別情報-範囲1-地理要素1 {"EX_GeographicBoundingBox": {"extentReferenceSystem": {"authority": {"title": "測量法施行令第432号", "date": {"date": "2001-12-28", "dateType": "003"}}, "code": "JGD2000 / (B, L)"}, "westBoundLongitude": "135.4868078244", "eastBoundLongitude": "135.5557976691", "southBoundLatitude": "34.7445992193", "northBoundLatitude": "34.8347973695"}}
識別情報-言語 日本語
階層レベル データ集合