航空レーザ測量等業務(中部森林管理局管内)

要約

本業務は中部森林管理局管内における現況・地形等を把握するために航空レーザ測量による高密度かつ高精度な標高データの取得を行い、適切な治山事業の計画・施工を行うための基礎資料とすることを目的として行ったものである。測量地域は長野県、岐阜県、富山県、愛知県の各森林管理署管内の一部地域で、作業内容は計測密度設定4点/㎡、グリッド間隔0.5m、作業実施面積515.52k㎡である。

作成日

2020-03-27

データとリソース

追加情報

フィールド
ファイル識別子 R01K0009
メタデータ規格 JMP2.0
主題分類 位置
問合せ先(責任者) {"organisationName": "林野庁中部森林管理局", "contactInfo": {"phone": {"voice": "026-236-2720"}}, "role": "006"}
文字集合 utf8
日付 2020-03-24
言語 日本語
識別情報-文字集合 shiftJIS
識別情報-範囲1-地理要素1 {"EX_GeographicDescription": {"geographicIdentifier": {"code": "長野県木曽郡、岐阜県高山市・下呂市・中津川市、富山県下新川郡朝日町、愛知県北設楽郡設楽町・新城市の一部"}}}
識別情報-言語 日本語
階層レベル データ集合