10mメッシュ(標高)

要約

この標高データは、全国の2万5千分1地形図の等高線データ等を基に、地表0.4秒(約10m)間隔で区切った方眼(メッシュ)中心点の標高を求めた数値標高モデル(DEM)です。なお、標高値は0.1m単位となっていますが、1m単位で求めたものが有効値であり、小数点以下につきましては、参考値として格納していますので、ご利用の際には予めご了承ください。

作成日

2014-01-28

データとリソース

追加情報

フィールド
spatial {"type": "Polygon", "coordinates": [[[145.0, 43.0], [145.0, 46.0], [149.0, 46.0], [149.0, 43.0]]]}
ステータス 完成
ファイル識別子 fmdid:13-3301
メタデータ規格 JMP2.0
主題分類 高さ
参照系情報 {"MD_ReferenceSystem": {"referenceSystemIdentifier": {"code": "JGD2011 / (B,L)"}}}
問合せ先(責任者) {"organisationName": "国土交通省国土地理院", "positionName": "企画部 地理空間情報企画室", "contactInfo": {"phone": {"voice": "029-864-1111"}, "address": {"deliveryPoint": "北郷1番", "city": "つくば市", "administrativeArea": "茨城県", "postalCode": "305-0811", "country": "jpn", "electronicMailAddress": "gsi-fgd-q@ml.mlit.go.jp"}}, "role": "007"}
文字集合 utf8
日付 2014-01-28
空間表現型 グリッド
言語 日本語
記述的キーワード {"keyword": ["基盤地図情報", "数値標高モデル", "作成方法(全国の2万5千分1地形図の等高線データ等から不規則三角網(以下、「TIN」という。)を作成して、地表を緯度経度ともに0.4秒(約10m)間隔で区切った方眼(メッシュ)の中心点の標高を記録した。)"], "type": "005"}
識別情報-文字集合 shiftJIS
識別情報-範囲1-地理要素1 {"EX_GeographicBoundingBox": {"extentTypeCode": "1", "extentReferenceSystem": {"code": "JGD2011 / (B,L)"}, "westBoundLongitude": "145.000000", "eastBoundLongitude": "149.000000", "southBoundLatitude": "43.000000", "northBoundLatitude": "46.000000"}, "EX_GeographicDescription": {"geographicIdentifier": {"code": "北方地域"}}}
識別情報-言語 日本語
配布情報 {"MD_Distribution": {"distributionFormat": {"MD_Format": [{"name": "JPGIS 附属書8 符号化規則", "version": "2.1"}, {"name": "ISO19136GML", "version": "3.2"}]}}}
階層レベル データ集合