航空レーザ測量

要約

本データは、地理空間データ製品仕様書に準拠して作られた航空レーザ測量データである。

目的

本書に基づく空間データ製品は、河川・砂防・海岸分野の基礎資料を作成するために、航空レーザ測量により標高データ(数値地形図データファイル)を整備することを目的とする。

作成日

2010-03-30

データとリソース

追加情報

フィールド
spatial {"type": "Polygon", "coordinates": [[[134.383823, 33.679877], [134.383823, 36.29074], [136.882303, 36.29074], [136.882303, 33.679877]]]}
ステータス 完成
データ品質情報1-報告 {"DQ_Element": [{"evaluationMethodDescription": "グラウンドデータについて地理空間データ製品仕様書および地理情報標準第2版に従った「完全性/過剰」の評価を行った。", "typeOfQualityEvaluation": "001", "result": {"DQ_ConformanceResult": {"specification": {"title": "国土交通省公共測量作業規程、航空レーザ測量による「数値地図5mメッシュ(標高)作成作業規程」、別紙 “データ形式について”に記載された仕様", "date": {"date": "2009-03-19", "dateType": "001"}}, "explanation": "フィルタリング点検図データを作成し、過剰なデータがないか検査する。データ品質評価尺度に基づき、誤率を計算した。", "pass": "1"}, "DQ_QuantitativeResult": {"valueUnit": {"name": "percent"}, "errorStatistic": "目視検査", "value": {"otherValue": "0.0"}}}}, {"evaluationMethodDescription": "グリッドデータについて地理空間データ製品仕様書および地理情報標準第2版に従った「完全性/過剰」の評価を行った。", "typeOfQualityEvaluation": "001", "result": {"DQ_ConformanceResult": {"specification": {"title": "国土交通省公共測量作業規程、航空レーザ測量による「数値地図5mメッシュ(標高)作成作業規程」、別紙 “データ形式について”に記載された仕様", "date": {"date": "2009-03-19", "dateType": "001"}}, "explanation": "グリッドデータに重複点がないか論理確認を行い、誤率を求める。誤率が0%の場合を合格とした。", "pass": "1"}, "DQ_QuantitativeResult": {"valueUnit": {"name": "percent"}, "errorStatistic": "目視検査", "value": {"otherValue": "0.0"}}}}, {"evaluationMethodDescription": "オリジナルデータについて地理空間データ製品仕様書および地理情報標準第2版に従った「完全性/漏れ」の評価を行った。", "typeOfQualityEvaluation": "002", "result": {"DQ_ConformanceResult": {"specification": {"title": "国土交通省公共測量作業規程、航空レーザ測量による「数値地図5mメッシュ(標高)作成作業規程」、別紙 “データ形式について”に記載された仕様", "date": {"date": "2009-03-19", "dateType": "001"}}, "explanation": "オリジナルデータを計画格子間隔で区切り、1つの格子内に3次元計測データが無い場合欠測格子として、その数を数える。欠測率=(欠測格子数/格子数)×100から欠測率を求め、15パーセント以下を合格とした。", "pass": "1"}, "DQ_QuantitativeResult": {"valueUnit": {"name": "percent"}, "errorStatistic": "目視検査", "value": {"otherValue": "0.2"}}}}, {"evaluationMethodDescription": "グラウンドデータについて地理空間データ製品仕様書および地理情報標準第2版に従った「完全性/漏れ」の評価を行った。", "typeOfQualityEvaluation": "002", "result": {"DQ_ConformanceResult": {"specification": {"title": "国土交通省公共測量作業規程、航空レーザ測量による「数値地図5mメッシュ(標高)作成作業規程」、別紙 “データ形式について”に記載された仕様", "date": {"date": "2009-03-19", "dateType": "001"}}, "explanation": "フィルタリング点検図を作成して、漏れデータがないか検査し誤率を計算する。誤率が0%の場合を合格とした。", "pass": "1"}, "DQ_QuantitativeResult": {"valueUnit": {"name": "percent"}, "errorStatistic": "目視検査", "value": {"otherValue": "0.0"}}}}, {"evaluationMethodDescription": "グリッドデータについて地理空間データ製品仕様書および地理情報標準第2版に従った「完全性/漏れ」の評価を行った。", "typeOfQualityEvaluation": "002", "result": {"DQ_ConformanceResult": {"specification": {"title": "国土交通省公共測量作業規程、航空レーザ測量による「数値地図5mメッシュ(標高)作成作業規程」、別紙 “データ形式について”に記載された仕様", "date": {"date": "2009-03-19", "dateType": "001"}}, "explanation": "グリッドデータの標高値に脱落のあるファイル数を論理確認により求め、誤率算出検査した。誤率が0%の場合を合格とした。", "pass": "1"}, "DQ_QuantitativeResult": {"valueUnit": {"name": "percent"}, "errorStatistic": "目視検査", "value": {"otherValue": "0.0"}}}}, {"evaluationMethodDescription": "地物(数値地形モデル)について地理空間データ製品仕様書および地理情報標準第2版に従った「論理一貫性/書式域一貫性」の評価を行った。", "typeOfQualityEvaluation": "005", "result": {"DQ_ConformanceResult": {"specification": {"title": "国土交通省公共測量作業規程、航空レーザ測量による「数値地図5mメッシュ(標高)作成作業規程」、別紙 “データ形式について”に記載された仕様", "date": {"date": "2009-03-19", "dateType": "001"}}, "explanation": "数値地形モデルファイルのファイル形式を扱うことができるソフトウェアで、全てのファイルを読み込めるかを確認する。読み込むことができない異常ファイル数を求め、誤率算出検査した。誤率が0%の場合を合格とした。", "pass": "1"}, "DQ_QuantitativeResult": {"valueUnit": {"name": "percent"}, "errorStatistic": "目視検査", "value": {"otherValue": "0.0"}}}}, {"evaluationMethodDescription": "地物(数値地形モデル)について地理空間データ製品仕様書および地理情報標準第2版に従った「論理一貫性/概念一貫性」の評価を行った。", "typeOfQualityEvaluation": "003", "result": {"DQ_ConformanceResult": {"specification": {"title": "国土交通省公共測量作業規程、航空レーザ測量による「数値地図5mメッシュ(標高)作成作業規程」、別紙 “データ形式について”に記載された仕様", "date": {"date": "2009-03-19", "dateType": "001"}}, "explanation": "検査プログラムを用いて、データ集合に矛盾がないかを確認し、不適合ファイルの数を求め、誤率算出検査した。誤率が0%の場合を合格とした。", "pass": "1"}, "DQ_QuantitativeResult": {"valueUnit": {"name": "percent"}, "errorStatistic": "プログラム検査", "value": {"otherValue": "0.0"}}}}, {"evaluationMethodDescription": "地物(数値地形モデル)について地理空間データ製品仕様書および地理情報標準第2版に従った「論理一貫性/定義域一貫性」の評価を行った。", "typeOfQualityEvaluation": "004", "result": {"DQ_ConformanceResult": {"specification": {"title": "国土交通省公共測量作業規程、航空レーザ測量による「数値地図5mメッシュ(標高)作成作業規程」、別紙 “データ形式について”に記載された仕様", "date": {"date": "2009-03-19", "dateType": "001"}}, "explanation": "検査プログラムを用いて、主題属性の定義域及び地理的範囲が定義域の中にあるかを確認する。定義域外の値を持つ地物(数値地形モデル)属性の数を求め、誤率算出検査した。誤率が0%の場合を合格とした。", "pass": "1"}, "DQ_QuantitativeResult": {"valueUnit": {"name": "percent"}, "errorStatistic": "プログラム検査", "value": {"otherValue": "0.0"}}}}, {"evaluationMethodDescription": "オリジナルデータについて地理空間データ製品仕様書および地理情報標準第2版に従った「位置正確度/絶対正確度」の評価を行った。", "typeOfQualityEvaluation": "007", "result": {"DQ_ConformanceResult": {"specification": {"title": "国土交通省公共測量作業規程、航空レーザ測量による「数値地図5mメッシュ(標高)作成作業規程」、別紙 “データ形式について”に記載された仕様", "date": {"date": "2009-03-19", "dateType": "001"}}, "explanation": "調整用基準点から所定の格子間隔と同一半径又は2倍辺長の正方形内の計測三次元データを平均する。調整用基準点と三次元計測データとの較差を求める。全ての調整用基準点における較差の平均値と標準偏差を求める。標準偏差:25cm以内、平均値25cm以内の場合を合格とした。", "pass": "1"}, "DQ_QuantitativeResult": {"valueUnit": {"name": "centimeter"}, "errorStatistic": "目視検査", "value": [{"otherValue": "0.58"}, {"otherValue": "-0.5"}]}}}, {"evaluationMethodDescription": "オリジナルデータについて地理空間データ製品仕様書および地理情報標準第2版に従った「位置正確度/絶対正確度」の評価を行った。", "typeOfQualityEvaluation": "007", "result": {"DQ_ConformanceResult": {"specification": {"title": "国土交通省公共測量作業規程、航空レーザ測量による「数値地図5mメッシュ(標高)作成作業規程」、別紙 “データ形式について”に記載された仕様", "date": {"date": "2009-03-19", "dateType": "001"}}, "explanation": "重複コース毎の各コースの点検箇所の標高値の較差を求め、較差の平均値及び標準偏差を求める。平均値:±30センチメートル以内の場合を合格とした。", "pass": "1"}, "DQ_QuantitativeResult": {"valueUnit": {"name": "centimeter"}, "errorStatistic": "目視検査", "value": {"otherValue": "0.19"}}}}, {"evaluationMethodDescription": "グラウンドデータについて地理空間データ製品仕様書および地理情報標準第2版に従った「位置正確度/絶対正確度」の評価を行った。", "typeOfQualityEvaluation": "007", "result": {"DQ_ConformanceResult": {"specification": {"title": "国土交通省公共測量作業規程、航空レーザ測量による「数値地図5mメッシュ(標高)作成作業規程」、別紙 “データ形式について”に記載された仕様", "date": {"date": "2009-03-19", "dateType": "001"}}, "explanation": "既存データとグラウンドデータ重複区間を設定する。国土基本図図郭単位ごとに1箇所以上で、1箇所あたり100点以上を標準とする。重複範囲のグラウンドデータを平均化し、較差の平均値及び標準偏差を求める。標準偏差が30センチメートル未満の場合を合格とした。", "pass": "1"}, "DQ_QuantitativeResult": {"valueUnit": {"name": "centimeter"}, "errorStatistic": "目視検査", "value": {"otherValue": "11.0"}}}}, {"evaluationMethodDescription": "グリッドデータについて地理空間データ製品仕様書および地理情報標準第2版に従った「オリジナルデータについて地理空間データ製品仕様書および地理情報標準第2版に従った「位置正確度/絶対正確度」の評価を行った。」の評価を行った。", "typeOfQualityEvaluation": "015", "result": {"DQ_ConformanceResult": {"specification": {"title": "国土交通省公共測量作業規程、航空レーザ測量による「数値地図5mメッシュ(標高)作成作業規程」、別紙 “データ形式について”に記載された仕様", "date": {"date": "2009-03-19", "dateType": "001"}}, "explanation": "グリッドデータと地表面属性の判別のつくデータを重ね合わせて、地表面属性に誤りのあるグリッドデータ数を論理確認により求め、誤率算出検査した。誤率が0%の場合を合格とした。", "pass": "1"}, "DQ_QuantitativeResult": {"valueUnit": {"name": "percent"}, "errorStatistic": "目視検査", "value": {"otherValue": "0.0"}}}}]}
データ品質情報1-系譜 {"LI_Lineage": {"statement": "地理空間データ製品仕様書に準拠し、航空レーザ測量データを作成した。「公共測量助言番号:平21近公第5号」"}}
データ品質情報1-適用範囲-レベル データ集合
データ品質情報1-適用範囲-レベル記述 2500
データ品質情報1-適用範囲-範囲-地理要素 {"EX_GeographicBoundingBox": {"extentTypeCode": "1", "extentReferenceSystem": {"code": "JGD2000 / (B, L)"}, "westBoundLongitude": "134.383823", "eastBoundLongitude": "136.882303", "southBoundLatitude": "33.679877", "northBoundLatitude": "36.290740"}}
データ品質情報1-適用範囲-範囲-垂直要素 {"EX_VerticalExtent": {"minimumValue": "0", "maximumValue": "2000", "unitOfMeasure": {"name": "meter"}, "verticalDatum": {"SC_VerticalDatum": {"datumID": {"code": "TP/H"}}}}}
データ品質情報1-適用範囲-範囲-時間要素 {"EX_TemporalExtent": {"extent": {"beginEnd": {"begin": "2009-03-19", "end": "2010-03-31"}}}}
データ品質情報1-適用範囲-範囲-記述 近畿地方整備局管内
ファイル識別子 H21F0005D
メタデータ規格 JMP2.0
主題分類 高さ
参照系情報 {"MD_ReferenceSystem": {"referenceSystemIdentifier": {"code": "JGD2000 / 6 (X, Y)"}}}
問合せ先(責任者) {"organisationName": "国土交通省近畿地方整備局河川部河川計画課・地域河川課", "contactInfo": {"phone": {"voice": "06-6945-6355", "facsimile": "06-6949-0865"}, "address": {"deliveryPoint": "中央区大手前1-5-44 大阪合同庁舎1号館", "city": "大阪市", "administrativeArea": "大阪府", "postalCode": "540-8586", "country": "jpn"}}, "role": "007"}
情報資源の制約 {"MD_Constraints": {"useLimitation": "非商用利用に限る"}}
文字集合 shiftJIS
日付 2010-03-30
空間解像度 {"equivalentScale": {"denominator": "2500"}}
言語 日本語
識別情報-文字集合 shiftJIS
識別情報-範囲1-地理要素1 {"EX_GeographicBoundingBox": {"extentTypeCode": "1", "extentReferenceSystem": {"code": "JGD2000 / (B, L)"}, "westBoundLongitude": "134.383823", "eastBoundLongitude": "136.882303", "southBoundLatitude": "33.679877", "northBoundLatitude": "36.290740"}}
識別情報-範囲1-垂直要素1 {"EX_VerticalExtent": {"minimumValue": "0", "maximumValue": "2000", "unitOfMeasure": {"name": "meter"}, "verticalDatum": {"SC_VerticalDatum": {"datumID": {"code": "TP/H"}}}}}
識別情報-範囲1-時間要素1 {"EX_TemporalExtent": {"extent": {"beginEnd": {"begin": "2009-03-19", "end": "2010-03-31"}}}}
識別情報-範囲1-記述 "近畿地方整備局管内"
識別情報-言語 日本語
配布情報 {"MD_Distribution": {"distributionFormat": {"MD_Format": [{"name": "テキストデータ(オリジナル・グラウンド・グリッドデータ)", "version": "不明"}, {"name": "画像データ(オルソ写真)", "version": "不明"}]}, "transferOptions": {"MD_DigitalTransferOptions": {"offLine": {"name": "HDD"}}}}}
階層レベル データ集合