221 件のデータセットが見つかりました

フィルタ結果
  • 令和 2 年度 四国地区航空レーザ計測業務

    要約 本業務は、吉野川中流域、四国北部地区を対象に航空レーザ測量を行い、豪雨や大規模地震等による崩壊箇所を早期に把握するため、基礎的な地形データを取得するものである。 目的 砂防計画 作成日 2021-02-26
  • 令和2年度鳥取県航空レーザ測量業務(その2)

    要約 戦後造成された人工林は、約半数が利用期を迎え全国的に国産材の搬出が増大している。このような中、鳥取県においても「とっとり森と緑の産業ビジョン」にて、令和2年に38万m3/年の素材生産目標を掲げており、今までの間伐中心の施業から、徐々に皆伐再造林施業へ転換が図られている。...
  • 令和2年度鳥取県航空レーザ測量業務(その1)

    要約 戦後造成された人工林は、約半数が利用期を迎え全国的に国産材の搬出が増大している。このような中、鳥取県においても「とっとり森と緑の産業ビジョン」にて、令和2年に38万m3/年の素材生産目標を掲げており、今までの間伐中心の施業から、徐々に皆伐再造林施業へ転換が図られている。...
  • 旭川ダム周辺航空レーザ測量他業務

    要約 旭川ダム再生事業の基礎資料として旭川ダム周辺の航空レーザ測量、基準点設置及び平面図作成を実施するものである。 目的 河川管理 作成日 2021-01-29
  • 平成26年度 区画整理事業 八本松駅前土地区画整理事業地形測量業務委託

    要約 この作業は株式会社丸一設計が平成27年9月15日から平成28年1月29日まで八本松駅前区画整理事業の目的で行ったものです。測量地域は広島県東広島市の一部で、作業内容は3級基準点2点設置等です。 作成日 2016-01-29
  • 令和2年度 航空レーザ活用木材供給力強化業務

    要約 木材生産、路網整備等の中長期の施業計画の策定や、効率的な木材生産を実践するうえで必要となる 森林資源や地形 等の詳細な森林 情報を、航空レーザ計測により収集・解析する 。 なお、本業務において収集した各種データは森林地域における地形解析(標高や傾斜等)...
  • 令和2年度 斐伊川航空レーザ測量業務

    要約 本業務は、斐伊川における出水前後の河床変動実態を把握するための基礎資料として斐伊川の航空レーザ測量を行う ものである 。 目的 河川管理 作成日 2021-01-29
  • 千代川航空レーザ測量業務

    要約 本業務は、千代川水系における出水前後の河床変動実態を把握するための基礎資料として航空レーザ測量及び空中写真測量を行う。 目的 河川管理 作成日 2020-03-27
  • 平成26年度 区画整理事業 八本松駅前土地区画整理事業地形測量業務委託

    要約 この作業は株式会社丸一設計が平成27年9月15日から平成28年1月29日まで八本松駅前区画整理事業の目的で行ったものです。測量地域は広島県東広島市の一部で、作業内容は3級基準点2点設置等です。 作成日 2016-01-29
  • 航空レーザ計測データによる森林資源解析業務委託

    要約 本業務は、森林経営管理制度にもとづく新たな森林管理システムの構築にむけ、発注者における森林現況の調査等を行う事を目的とし、下記の内容を実施するものである。 目的 ダム・河川管理 作成日 2020-03-31
  • 平成31年度鳥取県航空レーザ測量業務(その2)

    要約 戦後に拡大造林された森林が利用期を迎え、全国的に国産材の搬出が増大する中、鳥取県においても「とっとり森と緑の産業ビジョン」において、令和2 年に38 万m3/年の素材生産を目標に掲げており、今までの間伐中心の施業から今後は徐々に皆伐再造林施業が増大してくる見込みである。...
  • 平成31年度鳥取県航空レーザ測量業務(その1)

    要約 戦後に拡大造林された森林が利用期を迎え、全国的に国産材の搬出が増大する中、鳥取県においても「とっとり森と緑の産業ビジョン」において、平成32 年に38 万m3/年の素材生産を目標に掲げており、今までの間伐中心の施業から、今後は徐々に皆伐再造林施業が増大してくる見込みである。...
  • 土砂災害防止法に基づく数値地図作成及び基礎調査業務委託

    要約 福岡県が実施する土砂災害防止法に基づく基礎調査に使用する為の数値地図を作成 目的 基礎調査の区域設定に必要な断面図等を作成できる精度を持つ3次元地形モデルと区域設定後の区域設定の告示に耐えうる精度を持つ平面図の2つの機能を併せ持った数値地図を作成すること 作成日 2012-03-26
  • 木津川縦横断測量業務

    要約 淀川水系河川の維持管理の基礎資料作成のため、水準基標の標高に基づき距離標の高さを測定し、併せて量水標の零点高、水門、樋管等その他構造物の高さと位置及び河床の経年変化を測定する必要がある。よって本業務により、レベルにより3級水準測量5.2km、TS及びレベルにより河川定期縦断測量32.0kmを実施する。 目的 河川管理 作成日 2010-03-19
  • 測量地域は鹿児島県口永良部島及び姶良カルデラの一部地区における航空レーザ測量による土砂災害に備えて基礎的な地形データを整備する公共測量

    要約 この作業は国土交通省大隅河川国道事務所が平成21年2月25日から平成21年12月25日まで土砂災害の目的で行ったものです。測量地域は鹿児島県口永良部島及び姶良カルデラの一部、姶良カルデラ稜線壁地区における航空レーザ測量による高密度かつ高精度地形データ作成です。 目的 砂防計画 作成日 2009-12-25
  • 野洲市数値写真データ製品仕様書

    要約 滋賀県野洲市 目的 野洲市において固定資産税にかかる課税客体の現況を的確に把握し、課税の適正化と公平化、並びに課税業務の円滑な遂行を図るために空中画像計測を行い、適正な土地評価を行う資料とすることを目的とする。 作成日 2008-12-19
  • 写真地図データファイル

    要約 対象区域:1,524k㎡ 地図情報レベル:2,500 【平20 近公第152号】 目的 統合型GISの共用空間データ整備、固定資産税業務、都市計画業務等、多目的に利活用が可能な写真地図を作成することにより、京都府及び府内市町村における業務改革や府民との情報共有の推進等を図ることを目的とする。 作成日 2009-03-19
  • 写真地図データファイル

    要約 対象区域:2,044k㎡ 地図情報レベル:2,500 【平20 近公第152号】 目的 統合型GISの共用空間データ整備、固定資産税業務、都市計画業務等、多目的に利活用が可能な写真地図を作成することにより、京都府及び府内市町村における業務改革や府民との情報共有の推進等を図ることを目的とする。 作成日 2009-03-19
  • 平成31年度鳥取県航空レーザ測量業務(その2)

    要約 戦後に拡大造林された森林が利用期を迎え、全国的に国産材の搬出が増大する中、鳥取県においても「とっとり森と緑の産業ビジョン」において、令和2 年に38 万m3/年の素材生産を目標に掲げており、今までの間伐中心の施業から今後は徐々に皆伐再造林施業が増大してくる見込みである。...
  • 平成31年度鳥取県航空レーザ測量業務(その1)

    要約 戦後に拡大造林された森林が利用期を迎え、全国的に国産材の搬出が増大する中、鳥取県においても「とっとり森と緑の産業ビジョン」において、平成32 年に38 万m3/年の素材生産を目標に掲げており、今までの間伐中心の施業から、今後は徐々に皆伐再造林施業が増大してくる見込みである。...