157 件のデータセットが見つかりました

フィルタ結果
  • 平成24年度 国道278号鹿部町外 本別測量外一連業務

    要約 本デ-タは、国土交通省公共測量作業規程の準則を用いて基準点測量(GNSSスタティック測量)を行って作成したデ-タである。(1級基準点:1点) 目的 一般国道278号本別地区の地形・路線測量を行うものである。 作成日 2012-11-13
  • 平成24年度 国道278号鹿部町外 本別測量外一連業務

    要約 本デ-タは、国土交通省公共測量作業規程の準則を用いて基準点測量(GNSSスタティック測量)を行って作成したデ-タである。(3級基準点:9点) 目的 一般国道278号本別地区の地形・路線測量を行うものである。 作成日 2012-11-13
  • 土砂災害防止法に基づく数値地図作成及び基礎調査業務委託

    要約 福岡県が実施する土砂災害防止法に基づく基礎調査に使用する為の数値地図を作成 目的 基礎調査の区域設定に必要な断面図等を作成できる精度を持つ3次元地形モデルと区域設定後の区域設定の告示に耐えうる精度を持つ平面図の2つの機能を併せ持った数値地図を作成すること 作成日 2012-03-26
  • 長与川3級水準点

    要約 長与川河川計画 目的 長与川河川計画に基づく測量成果です。 作成日 2009-03-09
  • 数値写真及び航空レーザ測量データ

    要約 空中写真測量により得た数値写真及び航空レーザ計測により得た標高データである。 目的 砂防計画 作成日 2013-03-21
  • 航空レーザ測量データ

    要約 航空レーザ計測により得た標高データである。 目的 砂防計画 作成日 2014-02-28
  • 航空レーザ測量データ

    要約 航空レーザ計測により得た標高データである。 目的 砂防計画 作成日 2014-03-31
  • 平成24年度吉野川空中写真撮影業務

    要約 徳島河川国道事務所において利用している吉野川平面図が土砂堆積、樹林化、河岸の急勾配化などの経年変化に加え改修工事等による現況変化により河川計画、管理に支障を来たす事が予測される為、新規デジタル空中写真撮影を実施し、吉野川直轄管理区間内の数値地形図修正(地図情報レベル:2500)及び写真地図作成を行い、今後の河川管理等に資するものである。...
  • 航空レーザ測量データ

    要約 航空レーザ計測により得た標高データである。 目的 砂防計画 作成日 2014-02-28
  • 航空レーザ測量データ

    要約 航空レーザ計測により得た標高データである。 目的 砂防計画 作成日 2014-02-28
  • 千代川航空レーザ測量業務

    要約 河川における航空レーザ計測等の活用検討及び河川管理の基礎資料とするため、航空レーザ測量を行い、対象区域の数値地形図を作成するものである。 目的 砂防計画 作成日 2013-10-31
  • 幸手市から収集した資料により作成した、上高野地区調査・測量・設計業務委託

    要約 本データは、平成27年度の上高野地区調査・測量・設計業務委託の成果である。4級基準点測量(TS):226点、3級水準測量:12.4km、4級水準測量:15.8km、現況測量:69.4ha。...
  • H24中川・綾瀬川定期縦横断測量等業務

    要約 この作業は江戸川河川事務所が平成24年4月19日から平成24年12月14日まで、中川綾瀬川に設置してある、1級基準点及び3級基準点(1キロピッチの距離標)と水準基標(2級水準点)の改測を行ったものです。 作成日 2012-12-14
  • 平成23年度尾道市航空写真撮影業務委託

    要約 この作業は,尾道市が平成23年9月5日から平成24年6月29日まで尾道市における固定資産のの基礎資料として使用する目的で行ったものです。測量地域は,尾道市全域で,作業内容は空中写真測量(地上解像度8cm及び地上解像度16cm)です。 目的 固定資産 作成日 2012-06-29
  • 木津川縦横断測量業務

    要約 淀川水系河川(木津川)の維持管理の基礎資料作成のため,水準基標の標高に基づき距離標の高さを測定し,併せて量水標の零点高,水門,樋管等その他構造物の高さと位置及び河床の経年変化を測定する必要がある。よって本業務により,3級水準測量(5.2km),河川定期縦断測量(32.0km)を実施する。 目的 河川管理 作成日 2012-02-24
  • 木津川縦横断測量業務

    要約 淀川水系河川(木津川)の維持管理の基礎資料作成のため,新設された距離標(R7.0)1点を2級基準点測量として実施する。また,新設された距離標(L17.6)(L17.8)2点を3級基準点測量として実施する。 目的 河川管理 作成日 2012-02-24
  • 木津川縦横断測量業務

    要約 淀川水系河川の維持管理の基礎資料作成のため、水準基標の標高に基づき距離標の高さを測定し、併せて量水標の零点高、水門、樋管等その他構造物の高さと位置及び河床の経年変化を測定する必要がある。よって本業務により、レベルにより3級水準測量5.2km、TS及びレベルにより河川定期縦断測量32.0kmを実施する。 目的 河川管理 作成日 2010-03-19